冷蔵庫 引っ越し前

冷蔵庫の引越し前に気をつけることは?

引っ越しをする際に運びにくいものといえば冷蔵庫です。
取扱い方法を間違えてしまうと故障してしまう原因にもなるので注意しましょう。

 

運搬については引っ越し業者にお任せすればいいので問題ありませんが、
いくつか理解しておきたいことがあります。

 

まずは、事前に冷蔵庫の中身を使い切ることから始めなければなりません。

引っ越しの1週間くらい前からはできるだけ新しく食材を買い足すことを避け、
冷蔵庫の中身を少しずつ減らすことができるように工夫してみましょう。

 

全て使い切ることができないという場合もありますが、
その場合はクーラーボックスに入れて新居に持っていくのもおすすめです。

 

残りやすいのが調味料類ですよね。

 

冷蔵庫に入れなければならない調味料類の場合、
もったいないことではありますが捨てることも考えなければなりません。
早くから引っ越しが決まっている場合は、
引っ越しの前日までには冷蔵庫の中が片付くように調整したいですね。

 

引っ越し前にやらなければいけないこと

冷蔵庫の中には霜がついている場合があります。
電源を落としてすぐに冷蔵庫を運んだ場合、
この霜が溶けてしまい、運搬途中に水浸しの状態になってしまうのです。

 

そのため、冷蔵庫の電源は引っ越しの前日に落としておきましょう。
できれば夕方には電源を抜くのがおすすめです。

 

クーラーボックスに入れて持っていく食材がある場合は

早めにクーラーボックスに詰めてしまいます。
この時、ただ食材を移動するだけではすぐに傷んでしまうので、
保冷剤も一緒に入れることが大切です。

 

冷蔵庫は滅多に空にすることができないので、
引っ越しは本格的に冷蔵庫を掃除できるチャンスだと言えるでしょう。

 

引っ越し前の冷蔵庫掃除

引っ越し前にどのような掃除をすればいいのかというと、

まずは棚やパーツを全て取り外し、台所用洗剤を使って洗いましょう。
柔らかいスポンジで洗う他、薄めた洗剤をつけた雑巾で拭くという方法もあります。

 

洗剤の成分が残らないように水拭きをしたら、から拭きをし、
最後に台所漂白剤を薄めたもので拭くと消毒が可能です。

 

引っ越しの当日に冷蔵庫を掃除するという人もいるようですが、
その場合でも必ず前日中に電源を抜いておきましょう。
当日の掃除を考えている場合、午前中の引っ越しだとバタバタしてしまうので
余裕を持って引っ越しをするためにも早めに作業を開始したほうがいいですね。

 

引っ越し前はやることが多いので、冷蔵庫の電源を抜いておくことを忘れがちです。
故障を避けるためにも、忘れずに抜いておきましょう。