冷蔵庫 引越し後

冷蔵庫の引越し後に気をつけることは?

冷蔵庫の引越しはできるだけ引越し業者に任せたほうがいいと言われます。
重いというのも大きな理由ではありますが、実は冷蔵庫はとても扱いが難しいものなのです。

 

特に気を付けなければならないのが、冷蔵庫の置き方です。

運搬中にも同じことが言えますが、
基本的に冷蔵庫は横にして運ぶと壊れてしまう可能性が高くなります。
そのため、できるだけ立てて運ばなければならないのです。
冷蔵庫の中には様々な機能があり、冷蔵・冷凍機能を保っています。

 

その中には液状、気体、油などがそれぞれ正しい場所に配置されているのですが、
横にして運ぶと混ざり合ってしまい、本来の冷蔵・冷凍機能を発揮することができなくなる場合があるわけです。

 

素人が立てた状態で冷蔵庫を運ぶのはなかなか難しいので、
故障を避けるという意味でも引越し業者に依頼をしたほうがいいでしょう。

 

引越し後の冷蔵庫について

立てて運んだとしても、運送途中に冷蔵庫の中は不安定な状態になっています。

この状態ですぐに電源を入れてしまうと故障の原因にも繋がってしまうので、
しばらく待ってからコンセントを差し込むようにしなければなりません。

 

どれくらい待てばいいのかというのは冷蔵庫によって違いがありますが、

30分〜1時間が理想です。
余裕を持って1時間はみておいたほうがいいでしょう。
昔は半日から1日ほど放置しておいたほうがいいと言われていたのですが、
あまりにも古いものでなければ1時間程度の放置で充分です。

 

比較的新しい冷蔵庫であれば、設置してすぐに電源を知れても問題ないものもあります。
そういったタイプのものは取扱い説明書に記載されているはずなので、
確認をしたうえで設置するのがおすすめです。

 

ただ、すぐに電源を入れることができるタイプであったとしても
すぐに冷え始めるわけではありません。
あくまで故障が避けられるという意味だと理解しておいたほうがいいですね。

 

その他の注意

引越し後の冷蔵庫に電源を入れる際の注意についてご紹介しましたが、
他にも注意しておかなければならないことがあります。
まず、引越し後の冷蔵庫に食材を入れる際には、冷蔵庫の中がしっかり冷えてからのほうがいいです。

早めに食材を入れてしまうと食材が傷む原因にもなってしまいます。
冷蔵庫が冷えるまでには4〜6時間ほどかかるので、
引越しをしてすぐに食材を買いに行くのは避けたほうがいいですね。

 

できるだけ早く冷蔵庫を使い始めるためにも、
引越しの荷物を運び入れる際に優先的に冷蔵庫を運んだほうがいいでしょう。