引越時 冷蔵庫 処分

引っ越し時の冷蔵庫処分の方法とは?

引っ越しを機に、今まで使用して家具や家電を処分して新しいものを購入するといったケースは非常に多いです。

いらないものや余分なものを処分すると、
引っ越し量を減らすことができるので引っ越し代金の節約にもつながります。

今回は引っ越し時の冷蔵庫の処分の方法についてお話します。

 

冷蔵庫ってどうやって処分する

冷蔵庫は家電の中でもかなり大きいサイズになりますので、処分の方法に困るでしょう。
家電は適切な処分方法で処分しなければなりません。
冷蔵庫の場合は家電リサイクル法に基づいています。
家電リサイクル法は冷蔵庫だけではなく、エアコン、洗濯機、テレビも該当します。
処分の方法などについては各自治体のホームページなどに掲載されていますので、
まずは処分する前にきちんと確認する必要があるでしょう。

 

不用品回収業者への冷蔵庫処分はトラブルが多い

冷蔵庫などの家電を処分する場合、不用品回収業者が回収をしてくれるケースがあります。

しかし環境省としては家電製品の処分を不用品回収業者が行うことに疑問を呈しています。
不用品回収業者による処分を巡って高額料金の請求によるトラブルや、
家電リサイクル法への違反、適正なリサイクルが行われていないといった問題があります。

処分先が見つからない場合は、不用品回収業者へ冷蔵庫を処分してもらうことも考えなければなりませんが、
まずは冷蔵庫を購入したお店や買い替えを考えているお店で

冷蔵庫のリサイクルを依頼するのが望ましいでしょう。

 

様々な冷蔵庫処分方法

冷蔵庫の処分方法はリサイクル法に基づいて購入したお店に回収してもらったり、

不用品回収業者にもっていってもらったりと色々な方法があります。
また指定場所へ搬送するリサイクル方法もあります。
この場合は郵便局など家の近くの金融機関で家電リサイクル券を購入することによって、
指定場所へと搬送していきます。
また壊れておらず使用できる冷蔵庫の場合には友達や家族、
親せきに譲ってあげたり、リサイクル店に買い取ってもらったりということもあるでしょう。

 

引っ越しの際には処分した方がお得?

冷蔵庫の使用年数にもよりますが、10年以上使用している冷蔵庫であれば
引っ越しを機に処分して新しいものを買い替えるというのもよいかもしれません。

冷蔵庫は家電の中でも大型なものになりますので、
冷蔵庫を処分して引っ越しをすれば少しでも荷物を少なくすることができます。
荷物量が減れば引っ越し料金を抑えることができるでしょう。

また引っ越し費用を少しでも安く済ませたいのであれば、
ネット無料一括見積もりサイトを利用して、できるだけ安い見積りの業者と価格交渉を行うとよいでしょう。